東京小金井さくらロータリークラブのご案内

会長方針

ロータリー活動を見える化して前へ進もう。

はじめに

会長 小野寺 孝成ロータリークラブとは縁遠いはずの自分も7年目を向かえています。学生時代から無料法律相談をはじめ今では総務省行政相談委員、原子力損害賠償支援機構の相談員などボランティア活動と自己の業務と必死について来ようとしてきたように思われます。

まだまだ経験が浅いものの自分なりに考えをまとめたいと思います。

強みについて(奉仕活動)

会員数は多くはないものの女性の数が比較的に多く明るく統率力があるクラブと自負しております。特に「小金井市民祭りのクラッシクカーフェスティバル」と「未来の手紙」の奉仕活動では、市民への明るい発信と子どもたちの心へ寄り添う姿勢は評価できると思います。

増強について

現在24名の会員ですが、30名を目標にしたいと思います。限られた時間で濃密な活動をしておりますが、負担の軽減と視野を広げ、フットワークを良くするため必要と考えます。

親睦活動について

  1. 夜間例会 ミニスピーチ
  2. 親睦旅行 第9回日本さくらロータリー会参加
  3. 合同例会・海外友好クラブ交流
    (東京小金井RC、国立白うめRC、東京井の頭RC、日本さくらロータリー会、台中西屯扶輪社)

コミュニケーション力の強化について

  1. 職業奉仕について 自己の職業における経験談
  2. 『ロータリーの友』『抜粋の綴り』の感想

例会・理事会運営及び短期・中期・年間予定について

事前準備の徹底

見える化について

出席者数、出席率、奉仕活動参加者数、ニコニコ金額、財務状況、週報の活用、ホームページ、メーリングリストの活用

挨拶の徹底について

当たり前のことを徹底したいと思います

最後に

一歩でも半歩でも、楽しく前へ進みましょう。